手汗 足汗

手汗・足汗がものすごくて困る

 

手汗・足汗の写真

汗っかきなので悩んでいます。「手汗をかきやすいことで肌がきれい」という良い部分もあって、「どこまで汗っかきの体質を悩むのか」ということろでまた悩んでしまうのですが、汗のニオイが気になるので汗っかきだと困るのです。

 

汗のニオイさえ気にならなければ、たぶん私は今のままの汗っかき体質で満足です。先ほども言いましたが、手汗をかける体質なので毛穴がいつも綺麗で肌に透明感があるのです。淀んだような肌色ではなく「透き通るような肌だ」とよく言われるのですが、自分でもその部分だけは認めているので汗っかきの体質で良かったとも感じています。

 

ですが、汗っかき故に汗のニオイだけは気になって気になって仕方がありません。「手汗をかいても衣類が臭わない」という謳い文句の製品をよく買って実際に頻繁に使っているのでちょっとは安心感があります。

 

でもそれは「少しの安心感」というだけであって、まだまだ不安なところがあります。汗に反応して香りが強くなる製品は手放せません。

 

 

汗が出る原因を調べました

 私は、特に「夏場」になると、自分がこんなに「汗っかき」だったか、と驚きます。ホームヘルパーの仕事をしていた頃、仕事中の汗には悩みました。だまっていても、汗ばむような日に、掃除や洗濯など動きが多い為に汗だらけになります。更に悩みを深めたのが、「エアコン弱者」の体質です。作業で手汗をかいている状態にエアコンの冷えが侵入してくると、これは、「夏山登山の汗」と同じで非常に体調を壊しやすい状況におかれる事になります。手汗を含んだ衣服を着たまま冷やされると、体温が急に奪われるわけです。「汗かき」に悩む同業者は多く、それぞれ対策をしていました。まず、こまめに「着替える」ということ。着替えを持って歩き、1件のサービスを終えると、次のサービス先へ行く前に最寄りスーパーやドラッグストアなどの化粧室(なるべくトイレ設備が綺麗なところをピックアップしておいて)で着替えるようにしました。それから、制服のポロシャツの中にタオルを入れたり、手拭いを巻いたりしました。
タオルハンカチも何枚も持ち歩いていました。夏の壮絶な思い出です。

 

 

汗を抑える私のおすすめの方法

おすすめのデオドラント

私は暑くなると汗が大量に出るタイプです。最近では、お風呂上りに出る汗が不快で仕方ありません。この時期、お風呂上りは体を冷やしやすく、脱衣所を暖めておくのですが、お風呂上りは体が温まっているため、出た時寒く感じてもすぐに暑くなります。なるべく服を着る前に体のほてりをなくすようにしていますが、服を着た後に暑くなることもしばしばあります。
体がほてっているときに服を着ると、後々手汗をかくのでとても不快です。せっかくお風呂に入って体をきれいにした後なので、手汗をかくのはあまりいい気分ではありません。体の冷えには気を付けないとですが、ほてりを感じるときは服を急いで着ないようにすることも大切です。
お風呂上りは手汗をかきやすく体を冷やしやすくもある難しい時間です。服を着るタイミングをうまくやって無駄に手汗をかかないように工夫するといいでしょう。冬でも厚着をすると手汗をかくので、体温調節は服でしっかりするといいと思います。